おもしろ茶話

お茶の花

秋から冬にかけて白い小さな茶の花が咲きます。
ツバキ科の仲間ですからツバキに花が似ていますね!
カワイイ!と言われますがお茶生産者にとっては
歓迎しないムードなのです。

もともと、お茶の樹には「栄養生長」と「生殖生長」の2つがあります。
樹体を生育させるのか、または子孫を残すように進むかの
選択をしていると考えられます。

茶の樹は芽を収穫するものですから、生殖生長になることは
好ましくありません。
植物の生理生態として、栄養状態が低下すると子孫を残す
方向へと進むため花が咲く訳ですね。