おもしろ茶話

東京産のお茶が出来る訳とは?

西村園のある瑞穂町は東京の北西部に位置しており
埼玉との都県境付近にあります。
いわゆる「狭山茶」と言えばイコール埼玉県という
イメージが強いと思われますが、
「狭山茶」の定義は埼玉県及び隣接する
東京北西部を産地と呼ぶ。 となっています。
日本における緑茶の歴史は都道府県制度が出来る前からあって、
全国的に茶の産地は県境に立地することが多いようです。
とはいえ、 近年では食品の表示を
行政ごとに管理するようになってから、
狭山茶産地のなかの 住所は東京都であることから、
「東京都産」もしくは地域ブランドとして
「東京狭山茶」とも 呼ぶようになりました。
東京産と言ってもビルの谷間で生産される訳ではありませんから。