おもしろ茶話

緑茶や紅茶、烏龍茶は仲間

緑茶や紅茶、ウーロン茶は同じチヤの木の葉から作られます。
でもどうして味や香りが違うのでしょうね?
茶摘みした葉を発酵(はっこう)させるか、しないかの違いです。
もともと葉には酵素(こうそ)があります、茶摘みをすることによって酵素が動き出して
酸化(さんか)が進みます。見た感じは「しおれている」様子です。
「緑色」の葉は「茶色」に変わってきます。
緑茶の場合は葉を「蒸す」又は「窯で炒る」の加熱処理することによって発酵をストップさせます。
ですから「不発酵茶」とも言います。
それに比べて「発酵」があるのが「紅茶」です。
少しだけ「発酵」させてその後加熱処理をして発酵を止めるのが「ウーロン茶」です。
発酵には気温や日照が必要になってきますから紅茶の産地は熱帯や亜熱帯の地域が多いのですね。