お茶づくり

お茶畑の手入れ

「春整枝(はるせいし)」と言って
3月の下旬に茶園の刈均(かりなら)し
作業をしています。
冬越しの為に上部の枝を残していた部分を
カットして茶株面を大型機械を
使って揃えます。
こうすることによって、
4月中旬より伸びる若葉が
均一に成長します、
重要な作業です。
春先は天候が変わりやすくて、
天気予報のチェックも
必須です。