西村園/東京狭山茶ティーバッグ/茶工房/東京都産紅茶/nishimuraen/東京紅茶/格安/出前講座/TOKYO & AROUND TOKYO/関東運輸局/農業ビジネスマガジン/粉末茶/粉末煎茶/東京産ほうじ茶パウダー

家庭で出来るお茶の染め物

家庭で出来るお茶の染め物  

近隣の小学校にて 総合学習のひとつとして
簡単に出来るお茶染めの実演例をご紹介します。
今回は家庭で用意が可能な材料のみで行ってみました。

  • あらかじめ茶葉を煎じて濾過し染液を作っておく
  • 木綿を染める場合は次のような前処理が必要です。
    (シルクの場合はこの工程は不要です。)
    家庭用ナベ2Lの熱湯に牛乳大さじ2杯入れ布を10分間浸ける。
    専門の場合はディスポンを使用します。


    前処理
    取り出した後 脱水.乾かします。
    布に模様を着けたい場合は 凧糸などで
    好きな模様が出来るように、しばる。


    凧糸でしばる

  • 染液の中に入れ加熱しつつ 時々攪拌し空気を入れる。
  • 20分浸けた後、自然放冷する。


    加熱

  • 染めを安定させるため ”みょうばん”を入れた水溶液60℃に
     20分間入れる。
    取り出し濯ぎ・凧糸を解き・乾燥・アイロンがけして出来上がりです。
    すすぎ


    みょうばんは薬局で売っていますが無い場合は 2の工程で終了でも良いです。
    その場合、洗濯により色落ち致します。
  • 出来上がり


    仕上がり


    シルク(素材が動物系)を使った場合と
    木綿(素材が植物系)を使った場合では
    染まり方が違います。


    なお、原料茶葉の無料配布は行っておりませんので
    番茶等をご購入してください。

powered by Quick Homepage Maker 3.66
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional